BMW R80 カフェレーサーを目指して

初めての大型バイクBMW R80RT改。初めての旧車に素人がメンテナンス・カスタムできるかどうか!?

アクセルワイヤー交換

アクセルワイヤーをフェザーライトワイヤーに交換します。

交換した理由は、アクセルワイヤーが伸びていて 同調を取るけども度々ずれてしまっていた気がしたのでワイヤーを新品にして同調しやすくなればいいなという思いからでした。

交換に要した時間は15分ほど。難しいかなと思っていたけどもあっさりとできてしまいました。プラスドライバーとキャブのナットを外すスパナだけでいいので。

 

 

交換した結果からいうと、それはそれはもう、すばらしい効果がありました。

まずはアクセルレスポンス向上。これならハイスロ入れなくても全然いい。

アクセルワイヤーの動きがスムーズになったことで回転数のぎくしゃく感がなくなって低回転から高回転までビュンビュン回ります。

馬力アップしたかのような感覚に陥りました。

それから、アイドリングの安定。びっくりするくらい安定しました。

あとは、フェザーライトの軽いアクセル感覚。疲れが減りそうです。

 

 

20130929_175932.jpg

まずはプラスドライバーでスロットル部分を開けます。

写真のようにアクセルを開けると中心の歯車が回って小さなチェーンで2本のワイヤーを引く仕組みになっています。

20130929_180041.mp4

初めて開けるのでドキドキです。

20130929_180625.jpg

古いアクセルワイヤーケーブルをキャブレターから外します。

20130929_180728.jpg

写真中央下のナットを緩めてタイコ部分を外します。

これでワイヤーが取れるはずです。

あ、ワイヤーを引っこ抜く前にアクセルワイヤーの通り道を確認したほうがよいでしょう。

 

20130929_180958.jpg

新旧比較。新しいワイヤーはカバーがついて六角ボルトも大きくなってとても整備しやすそう。ワイヤーも太い気がします。

20130929_181210.jpg

新しいワイヤーを取り付けましょう。

20130929_181244.jpg

 

20130929_181924.jpg

ちなみに僕は、古いワイヤーを引っこ抜く前に新しいワイヤーを同じ道を通してみました。(写真参考)

アクセルワイヤーに負荷がかかっていないかワイヤーを前後に動かしてみます。負荷がかかっていると同調がずれる原因になるかもしれないので。

20130929_182519.jpg

写真のようにフタにアクセルワイヤーの先端をセットしてフタをします。

キャブレター部分のアクセルの遊びを調整して完成です。

(これは純正のワイヤーとさほど変わりません)

 

 

あとは、アイドリング同調を取るのを忘れずに。

ちなみに僕のするアイドリング同調の取り方をご紹介します。

1:エンジンをかけます。

2:右のアイドリングを1200rpmくらい高めに調整します。

3:左のアイドリングを右に合わせるように徐々に高めていきます。

すると音がドッドドド ドッドドド というリズムがずれた音から

少しリズムの早い ドッドッドッドッドッドッ という連続音に変わるところがあります。そこの周辺で一番連続音になるところに左のアイドリングを調整します。

4:連続音のところで左右の息が合っています。あとは、左右ともに同じ角度ずつネジを緩めていきアイドリングを適正な回転数に下げていきます。

5:完成です。

バキュームゲージもありますが、面倒なのでこれでもいいかなと。

旧車バイク査定ランキング

 大手買取業者が競って査定金額を提示するため、より早く、より高い査定額が期待できます。 

公開日: